環境への配慮

地域と連携して、資源の循環と有効活用に積極的に取り組みます。

HOME > 環境への配慮 > エコアクション

エコアクション

エコアクション21とは

エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく認証・登録制度です。

認証取得の目的

ますます深刻化する地球温暖化や今後予想される地下資源の枯渇への対応が人類共通の重要課題との認識にたち、全社員一丸となって事業活動における環境負荷低減を目的に、環境保全活動に取り組みます。

エコアクション21の特徴

  1. 中小企業等でも容易に取り組める環境経営システム(環境マネジメントシステム)取組みやすい環境経営システムのあり方をガイドラインとして規定しています。
  2. 必要な環境への取組を規定(環境パフォーマンス評価)
    必須項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び総排水量の削減が規定されています。アメニティいわきでは、この3項目に加えて独自の項目として「受託資源物のリサイクル推進」と「地域貢献活動の実施」の2項目についても取り組んでいます。
  3. 環境コミュニケーション取組(環境報告)
    環境への取組状況等公表が社会からの信頼を得るための必要不可欠の要素であり、環境活動レポートの作成と公表を行っています。

エコアクション21の構成

エコアクション21は右の4つのパートにより構成されています。
この4つのパートにそって取り組むことにより、幅広い事業者が効率的にシステムを構築することができ、環境に関する取組の現状把握から、目的・目標の設定、管理、改善に至るまでの総合的な運用を図ることができます。

エコアクション21に取り組むことのメリット

環境経営システムと環境への取組、環境報告の3要素がひとつに統合されたガイドラインであることから、環境への取組を総合的に進めることができ、また比較的容易、かつ効率的に取り組むことができます。
さらに、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等、経営的にも効果をあげることができます。また環境活動レポートを作成し外部に公表することにより、社会に対しての信頼性が向上します。

環境活動レポート

平成22年度環境活動レポート 平成23年10月12日発行(PDFファイル 5.42MB)

受付時間 8:00-17:00(平日)